column コラム

【プロジェクト成立にて募集終了】クラウドファンディング「通学路に車止めを設置して、子供たちの安全を守りたい!」

 

株式会社サンポールは、広島県内の交通事故減少に貢献したいという想いから、2022年2月1日(火)よりクラウドファンディングにて車止めを通学路へ設置する取り組みをスタートしました。
開始13日目の2月13日(日)には、第一目標の120万円を達成することができました。

また、3月18日(金)に設定した第二目標の200万円についても、3月25日(金)に達成することができました。

皆様からのあたたかいご支援に、 心より感謝申し上げます。

 

不安を抱えながら2月1日にスタートしましたが、日本全国からたくさんのご支援をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。また、新聞・ラジオ・テレビなどで今回の取り組みを取り上げていただき、 少しでも多くの方に知っていただけたことを嬉しく思います。

引き続きプロジェクトを全国各地へ広げていけるよう努めて参ります。

 

 

車止め(インパクトボラード)が完成し、設置工事は4月23日から行います。

 

設置完了は4月中の予定でしたが、焼山本庄の工事中に想定外の埋設物が確認されました。埋設構造物の扱いを確認するため、現在は作業が一時中断しております。

 

中通の工事は既に完了しております。焼山本庄の工事を少しでも早く完了させるよう、準備を進めておりますので、もう暫くお待ちくだ さい。

御礼メールやお名前掲載のリターンについても設置後に併せて行えればと存じます。

 

 

 

プロジェクトの背景

 

近年、制御を失った車両に歩行者が巻き込まれる交通事故が後を絶ちません。

警察庁によりますと、2019年までの10年間に交通事故で死亡または大けがをした小学生は13,113人で、56.4%の7,396人が歩行中に事故に遭っています。

小学校にあがり、保護者の送迎から自身での通学になって少し慣れた頃が危険という統計結果が示されました。

私たちは車止めメーカーとして、安心と安全を提供し、痛ましい事故をより少なくする事を使命だと考えます。

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

2021年6月に千葉県八街市で下校中の児童5人が死傷する痛ましい事故が起きました。

この事故を受けて、国は危険箇所を抽出して安全対策を講じるよう自治体などに通知し、全国の通学路で点検と対策の検討が進められています。

 

 

しかし、車止めのようなハード面の対策は、予算の制約や道路の構造上の問題により優先順位を付けて実施されている為、PTAなどからの要望があっても十分な措置ができない場合があるのが実情です。

そこで、私たち車止めメーカーが子どもたちの安心安全のために何かできることはないか・・・と想い、通学路に車止めを設置するプロジェクトを立ち上げました。

御支援者様を含め、今回のプロジェクトに関わる全ての皆様と協力して、子どもたちの安全を守っていきたいと考えております。

 

プロジェクトの内容

広島県呉市立昭和北小学校の通学路に、耐衝撃仕様車止め「インパクトボラード」を設置するプロジェクトです。今回ご縁があって、子どもたちの安全を守るお手伝いをさせていただくことになりました。

 

 

呉市立昭和北小学校

児童数 661人(2020年度)

 

 

昭和北小学校は焼山本庄ハイツという団地内にあります。

車止めの設置場所は2箇所、合計8本の車止めを設置予定です。

 

 

【設置予定地】

 

 

①焼山本庄1丁目8-18前

信号機がなく、下り坂が続き、車両のスピードが上がりやすい交差点です。

過去に児童を巻き込む事故がありました。

 

 

②焼山本庄2丁目7-25前

信号機がなく、交差点付近にバス停がある交差点です。

200人以上の児童が登下校にバスを利用しています。

 

 

【寄贈に関して】

寄贈先である、呉市土木部土木維持課および昭和北小学校、焼山本庄ハイツ自治会より、今回寄贈する物品(寄付金等も含む)の受け入れとクラウドファンディングのストーリーに名称と写真が公表されることに関しての同意を得ております。

 

耐衝撃仕様車止め「インパクトボラード」について

従来の車止めは「注意喚起」として、視覚的に車の侵入を防ぐことが役割でした。

車両の逸脱を防ぐ役割は車両用防護柵(ガードレールなど)が担っていますが、歩行者や自転車が行き交う交差点には、従来の防護柵を設置できない場合があります。

車止めによってそのような場所に安心と安全を提供し、交差点で起こる事故被害をより少なくするため、 研究を重ね、衝突実験を繰り返し実施して、耐衝撃仕様車止め「インパクトボラード」が完成しました。

 

耐衝撃仕様車止め「インパクトボラード」

 

 

 

「防護柵の設置基準・同解説/ボラードの設置便覧」(日本道路協会)に基づいた実車衝突実験です。

今回設置する車止めは、ボラードの設置便覧における耐衝撃性ボラード(H型ボラード) HB種の性能を有する製品です。

実車試験では支柱2本で車両重量1.8t、時速47.1km/hの車両を停止させました。

 

インパクトボラードの設置事例

弊社の耐衝撃仕様車止め「インパクトボラード」は全国に約3000本の納入実績があります。今回はその中で実際に歩行者の安全を守った事例をご紹介します。

 

熊本県八代市 〈竜西幹線2 号線〉 小学校通学路 (2021年2月初旬施工)

信号機の無い見通しの悪い交差点が小学校の通学路となっており、危険箇所ということでインパクトボラードをご採用いただきました。

設置後すぐに事故が発生して、インパクトボラード4本並びの内3本に車両が衝突(衝突衝撃度は不明)し、歩道への進入を防ぎました。事故によるケガ人は報告されていません。

※こちらの現場に設置された製品はLED自発光ユニットを搭載したソーラーライト仕様です。今回設置予定の製品とは仕様が異なります。

 

第一目標金額と集めた資金の使途(※開始13日目の2月13日に達成)

目標金額は120万円です。その内約70万円を工事費用として、約50万円を製品製作・その他諸費用として使用します。

 

第二目標について

目標金額達成後も車止め設置プロジェクトへのご支援誠にありがとうございます。

 

募集期間を残しておりますので、皆様の力強い後押しをうけ、第二目標を目指します。

ネクストゴールは、車止めの仕様変更と呉市中通の通学路交差点への車止め設置となります。

車止めの仕様は各交差点に設置する合計8本の車止め全てを「注意イラスト+注意文言付き」の メッセージボラードに変更します。

 

メッセージボラード仕様

メッセージボラードは子どもたちの関心をひく「イラストステッカー」と反射タイプの「文字ステッカー」がセットになった仕様です。愛らしいイラストと大きく見やすい文字は、特に低学年の児童への普段からの注意に対する訴求力アップが期待されます。

※車止め本体色、イラスト内容と注意文言内容の組み合わせにつきましては、打ち合わせによって変更となる可能性がございます。ご了承ください。

 

次の対策場所 呉市中通の通学路

呉市内の商店街(れんが通り)に程近いこの交差点は、人通りが多いにも関わらず既存の車止めと車が頻繫に接触しています。近隣小学校の通学路で目と鼻の先には幼稚園もあり、いつ痛ましい 事故が起こってもおかしくありません。歩行者の安全が十分に確保されていないため、既存の車止めを撤去し、インパクトボラードを11本設置することで、子どもたちをはじめとする多くの歩行者の安全を守りたいと考えております。

クラウドファンディングは3月31日(木)まで続きますので、引き続きご支援・拡散のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

第二目標の金額設定:200万円(内120万円は第一目標金額)

第二目標の金額内訳

中通車止め撤去・設置費      約60万円

車止め製作、イラスト・文字シール 約20万円

 

スケジュール

2022年4月に車止めの製作を開始、4月末までに設置を予定しています。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

広島県内には交通事故の危険箇所が1,441箇所あります。

(引用元:2021年10月18日中国新聞)

まだ調査中のため正式発表はありませんが、全国では数万箇所に上るとみられます。

まずは地元広島からという想いで、今回のプロジェクトをスタートしました。

今後は広島から全国各地へ、プロジェクトを広げていきたいと考えております。

又、今回のプロジェクトを少しでも多くの方に知っていただき、全国の自治体様や学校関係者様が同じようなプロジェクトを立ち上げてくださると幸いに存じます。

私たちにできることがあればお手伝いいたしますので、是非お声掛けください。

 

少しでも多くの皆様にご賛同いただけることを心よりお願い申し上げます。

 

 

ご支援のお手続きについて

クラウドファンディングサイト READYFOR

本プロジェクトにご賛同いただける方は、クラウドファンディングWebサイト READYFORよりご支援手続きをお願いいたします。

※支援完了時に「応援コメント」をいただいた場合、そのメッセージを本プロジェクトの新着情報やSNS等発信などに利用させていただく場合があります。

 

代理購入

上記Webサイトでの操作がわかり難い場合は、ご支援手続きの代行を承ります。

 

 

寄付金の種類について

支援企業様から経理手続きについての質問がきていますので、こちらで案内させていただきます。


<寄附金の種類>
 1.国または地方公共団体に対する寄附金
 2.指定寄附金
 3.特定公益増進法人への寄附金
 4.その他の寄附金
※今回は4.その他の寄付金になります。

 

 

プロジェクトに関して不明な点がございましたら、下記担当までお問い合わせください。

株式会社サンポール 営業管理部 山根卓也

TEL 082-244-4655 FAX 082-243-5914

 

注意事項

●今回のクラウドファンディングはAll or Nothing形式です。

 支援総額が目標金額に届かなければ、集まった資金は全額返金となってしまいます。

●目標金額を上回る資金が集まった場合、製品のアップグレードや別現場の設置費用に使用させていただきます。次回設置現場については未定です。

 

配布用チラシ

ご自由に配布いただけるチラシデータです。出来るだけ多くの方に取り組みを知っていただくためにもSNSなどでの拡散のご協力をお願いいたします。

チラシのPDFデータは下記よりダウンロードが可能です。

 

「車止めで通学路の安全を守る」チラシPDFファイル(2MB)

 

より多くの方の目に触れるように、ご協力いただければ幸いです。

 

メディア情報

2022年2月4日付 日刊産業新聞

画像をクリックするとPDFが開きます。

 

 

2022年2月22日(火)発行 経済レポート 2870号 P17
画像をクリックするとPDFが開きます。