車いすゲートがタイのニュース番組で紹介されました。

3月6日(月) 7:30頃放送 タイの民営テレビ局Channel3 朝の全国ニュース内
BTS(バンコク都心の高架鉄道) トンロー駅の出入口近くの歩道に設置された車いすゲート(旧タイプAR-200)が取り上げられました。

 

 

 

(動画の日本語要約)
 すばらしいアイデア!半円形のゲートを使って、歩道で運転するバイクを防ぐことができます。歩行者はもちろん、車椅子、自転車、ベビーカーも通ることができます。
 このゲートは、バンコクプレップスクールが公道に設置しました。 設置の理由は、歩道を走るバイクが多く、BTSで通学する学生の安全が心配だからです。警察に時々見回りに来てもらうこともありましたが、違反するバイクは減りませんでした。そこで、学校の先生が市役所に相談し、以前海外で見たことがあったこのゲートを日本から輸入することにしました。
 設置前にはバイクを使った通行テストをしています。実際にバイクが通れなかったので設置を決め、防犯カメラも併設しました。先生は、「本来はバイクに乗る人の意識を直さないといけないのですが、それがいつ実現するかわからないので、今回のゲート設置を決定しました。」と話しています。