外部空間を豊かにクリエイトするエクステリアメーカー

株式会社サンポール

お知らせ | SUNPOLE NEWS

『第5回千年希望の丘 植樹祭2017』に参加しました。2017/07/04

「千年希望の丘」は、津波被害の後に岩沼市の沿岸部に新たに整備された広大な丘です。
普段は震災の記憶を伝承していくメモリアルパークとして活用され、災害時は植樹された木々と震災ガレキを活用した丘が津波の勢いを弱める「緑の防潮堤」となります。

news_syokuzyu2017-1.jpg


news_syokuzyu2017-2.JPG

植樹場所は「千年希望の丘」の敷地内で、盛土堤防の斜面です。

news_syokuzyu2017-3.jpg

元々、地域に自生する21種類の広葉樹の苗を地元の高校生のお手本に習い、1本1本、丁寧に植えていきます。

news_syokuzyu2017-4.JPG

次に藁をまんべんなく敷き詰め、土留めをし、最後に藁が飛ばないよう飛散防止の縄を張ります。この取組によってこれまで約28万本の苗が植樹されました。

news_syokuzyu2017-5.JPG

直前まで降り続いた雨により、足元はぬかるみ悪戦苦闘しましたが、普段なかなか経験できない貴重な体験になりました。

news_syokuzyu2017-6.JPG

この先2・3年間はボランティアによる雑草取りなどの管理が必要ですが、その後は20~30年をかけ自然の力だけで本物の森になります。

短い時間でしたが見知らぬ大勢の方々と協力し合い、楽しみながら千年先まで残る取組みに参加できたことは貴重な体験になりました。ご理解・ご協力いただきました関係各所の皆様にはこの場をお借りしてお礼申上げます。有難うございました。